不調原因は「点火タイミング+コンデンサ」

先日の酷道アタックから

調子を崩したゴリラの修理を行いました。

まず、どう調子が悪いかですが

長い時間走ると パンパン音がし始めて

エンジンが回らなくなり普通に走らなくなります。

この症状はエンジンを休めると 何もなかったかのように普通に走ります。

 

エンジンが熱くなると調子が崩れるのでオーバーヒートを疑いますが

私自身、過去の経験からオーバーヒートは考えにくく

原因を探る中で 「点火タイミング+コンデンサ」が怪しいと

・電球を利用したポイント点火時期の確認と調整

コンデンサの交換

この2点の整備を行いました。

f:id:KIHEI:20191021150726j:plain

f:id:KIHEI:20191021150025j:plain

点火時期は大きくずれており

コツがわかるまで 調整に手こずりました。

 

f:id:KIHEI:20191021145812j:plain

フライホイールを取り外し、古いコンデンサから

配線を外す為に 配線を留めている爪を起こし

しっかり熱を入れ 線を引っ張るようにして取りました。

熱でコンデンサも熱くなるので 素手での作業厳禁です。

f:id:KIHEI:20191021145816j:plain

f:id:KIHEI:20191021145821j:plain

新しいコンデンサの爪で配線を留め ※ポッシュの日立タイプを購入

次回の交換することを考えて、片方の爪の方だけに

はんだを流し込みました。

カスカスになったフエルトにはオイルを浸み込ませました。

f:id:KIHEI:20191021145824j:plain

f:id:KIHEI:20191021145831j:plain

エアクリーナーのゴム部分も

亀裂が入っていたので スーパーXブラックにて補修しておきました。

 

f:id:KIHEI:20191021154042j:plain

50kmほど試乗してきましたが

以前のような不調になることもなく ご機嫌でした。

 

今回はエンジンが温まることにより

コンデンサ不良の症状が出たと思われます。

どこかのサイトでコンデンサの不良だと

発進時に失火してエンストしてしまうと言われており

私のゴリラも エンジンが温まると発進時に

エンストが多発していましたので参考までに。

 

Enjoy HONDA!!